商品一覧

service

車えびみそ漬


国産車えびを極上の味噌に漬け込んだ、とろける甘みと濃厚な旨みの逸品


車えび味噌漬は国産車えびを特製味噌に一週間かけじっくりと漬け込んだ、色鮮やかで高級感漂う逸品です。
山口県水産加工展にて山口市長賞を受賞した弊社の人気商品となっております。

山世水産の車えび味噌漬の特徴
主に山口県産、九州産の新鮮な国産車えびを使用しているため、とろける甘さと濃厚な旨みがあります。
『味噌漬」といっても、海老に味噌はべったりと付着しておりません特殊な製法により、じっくりと極上の味噌の旨味をえびに浸透させています。
お召し上がり方
ボイル後に味噌に漬け込んでいるため、解凍後は皮をむいてそのままお召し上がりいただけます。
軽く炙ると香ばしさが加わり味が引き立ちます。グリル等で軽く焼いていただいても、味噌が付着して焦げるといった心配がなく、きれいに焼くことができます。
贈り物の好適品
車えびの味噌漬は贈り物にもぴったりです。新鮮で品質のよい国産車えびを特製味噌で漬け込んでおり、味には自信があります。そのまま召し上がっていただくこともできますので、送られた方が召し上がり方にお困りになることもございません。食通の方やお酒を好まれる方には好適品です。

車えびの味噌漬ラインナップ




250g 7~12尾(化粧箱入り) 4,300円
400g 12~18尾(化粧箱入り) 6,200円
180g 家庭用・化粧箱なし 1,620円

車えび味噌漬を購入する




こだわり抜いた特殊な製法


一本一本丁寧に並べる


えびは茹でると曲がってしまいます。
曲がらないようにするため、専用の木枠に海老を並べます。


ボイル


専用の釜でボイルします。


丁寧に並べる


茹で上がった車海老を並べます。
味噌を均等に浸透させるため、車海老をきれいに並べていきます。


特殊な製法で味噌を流しいれる


車海老の上から味噌を流し入れます。
味噌が直接付着しない特殊な製法で海老にべったり味噌が付いていません。


漬け込み(一週間)


冷蔵庫でじっくりと漬け込みます。
漬け込み液は煮詰めて凝縮し、「車えびみそ漬の雫」になります。


完成


一週間漬け込んだ味噌漬を規格ごとにトレーに並べて完成です。

車えびの味噌漬を購入する


「車えびみそ漬」の抽出液を濃縮した調味料(たれ)が誕生しました! 


貴重な海老だし調味料!「車えびみそ漬の雫」


車えびみそ漬から車えびの旨味、風味が抽出された液を丁寧に濃縮して完成させた日本初の”車えびのたれ”です。
みそ漬に使用する車えび約5000尾に対してわずか35本しか作れない貴重海老だし入り調味料です。
海老の旨味が入った出汁入りの甘いお醤油のような味わいで、そのままかけても、お料理の味付け、隠し味にもお使いいただけます。

車えびみそ漬の雫を購入する



他には類を見ないうまみを証明


『車えびの味噌漬の雫』を兼産業技術センターで分析していただきました!
車えびに特徴的なアミノ酸が含まれうま味やコクが強いことも判明しました。
素材感では他社とは類をみない個性(車えび由来の風味)があることが示されました。

美味しさのわけ
車えびには味の基本の一つであるうまみ成分であるアミノ酸(グルタミン酸、グリシン酸)がとても多く、おいしさの要素に重要な役割を果たしています。一方、コクとは、単に甘いとか辛いといっ単一的なものではなく、複合的な味を表していると言われているように、旨味とコクの合わせ技で、『車えびの味噌漬の雫』深い味を表現できています。

『車えび味噌漬雫』でだしの効いた深みのあるお料理になります!


海鮮丼のたれ

ステーキソース


車海老の旨味が入ったお醤油に似た味わいで使いやすい、”海老だし入り調味料”になっております。
フライや天ぷらにつけたり、海鮮丼、卵かけご飯やお豆腐に直接かけたり、煮物や炒め物などの味付け、隠し味にご利用ください。


『車えび味噌漬の雫』をお料理に使用するメリット


  • 濃縮液なので、その他使用する調味料(砂糖、塩、みりん等)を減らす事が出来、さらに高級感を付与することが可能です。
  • 醤油感を付与する際に、醤油では塩辛くなりすぎますが、「車えびみそ漬の雫」を併用することで、塩味を抑えながら(醤油の1/3)旨みや甘み、風味を増強する事が出来ます。

揚げ出し豆腐


アツアツの揚げ出し豆腐に「車えび味噌漬雫」をかけていただきます。

牡蠣の雫焼き


新鮮な牡蠣を焼いて、味噌1に対して「車えび味噌漬雫」を2を合わせて味つけします。

ブロッコリーと生ハムのマヨ雫和え


ブロッコリーと生ハム、卵などお好みのお野菜にマヨネーズと「車えび味噌漬雫」を同量を合わせて和えます。

イカとエリンギのバター炒め


イカとエリンギをバターで炒めて、仕上げに醤油に2に対して「車えび味噌漬雫」1を合わせて炒めます。


コクと旨味を活かした、車えび味噌漬レシピ


『車えび味噌漬』炊き込みご飯

おススメポイント!

お米3合に対して、塩は小さじ1と通常の炊き込みご飯を炊くときの量に比べると少なめですが、味噌漬けのコクと旨味があり、だしの効いた炊き込みご飯に仕上がります。
簡単で、しかも美味しい!試してみる価値のあるお料理です。


材料
米・・・3合
車えび味噌漬・・・200g
昆布・・・1枚
塩・・・小さじ1
人参・・・1/3本
塩ゆでしたキヌサヤ

作り方


  1. お米をとぎ、3合の目盛りの水、昆布を炊飯器に入れ、20分ほどおいて置く。
  2. えびの殻を取り、皮をむき、頭、皮、尾はお茶パックに入れる。
  3. むいた身を2㎝程度に切る。
  4. 炊飯器に、②のお茶パック、③のえび、ニンジンを入れて炊き込む。
  5. 炊き上がったら昆布とお茶パックを取り出し、全体を良く混ぜ合わせる。
  6. 器に盛り、千切りにしたキヌサヤを上にちらす。

色々なお料理にご活用ください!

チラシ寿司やサラダ、茶わん蒸しなどに添えて彩り良い一品になり、まるで料亭のようなお料理に仕上がります。
是非、お試しください。


車えび味噌漬を購入する